インプラント治療 青木歯科医院歯科クリニック

東京都江東区インプラント治療は青木歯科医院がおススメです

東京都江東区インプラント治療は青木歯科医院がおススメです

青木歯科医院インプラント治療に関するお問い合わせは、どんなことでも結構ですので クリニック へお問い合わせください。

 

 

インプラント治療に関する無料相談をお伺いいたしております。お気軽にお問い合わせください。

 

公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

 

 

青木歯科医院のインプラント治療のメリット

 

●違和感、異物感がない

 

●審美的に良好で、自然な会話ができる

 

●治療から3カ月〜6ヶ月で自分の歯に近い感覚で噛めるようになる

 

●粘りのある食べ物や硬い食べ物を気にせず、快適に食べられる

 

●取り外しを必要としない

 

●歯のない部分に入れるため、健康な歯を削ることがない

 

●自分の歯を健康に保つことができる

 

 

青木歯科医院のインプラント実績

 

★院長は口腔外科専門医で150本以上埋入実績があります
★痛くないインプラント治療が可能です

★患者様に詳しく説明をしています

★治療後の定期健診(メンテナンス)を行っています

★麻酔医の管理下での無痛インプラント手術が可能です

★個室でインプラントのオペをしますので衛生的で安心です

★インプラント保証を5〜10年間いたします

 

 

 

青木歯科医院のインプラント流れ

 

お電話で来院日の予約をお願いします。
まずは専用のフリーダイヤルにお電話下さい。

 

初診カウンセリング

 

院長、スタッフより患者様の気になること、お悩みやご要望をお聞きします。

 

「痛みが不安」
「費用がどうなっているのだろう」
「インプラント手術は安全なのか」

 

いろいろ不安に思っていることなど事前にお聞かせ下さい。

 

レントゲン検査

 

現状を把握するため、 口腔内全体のレントゲンを撮影します。

 

レントゲンはデジタル方式なので、放射線の被曝量が通常の6分の1程度に抑えることができます。

 

口腔内の検査

 

あなたの骨の状態、他の歯の状態などをチェックします。

 

カウンセリング

 

あなたの骨の状態から、インプラント治療の説明、治療期間、治療費用など、詳しくお時間をとってご説明いたします。
ご納得頂くまで何でもお聞き下さい。

 

この場でインプラント治療するかを決める必要はありません。
ゆっくりとご検討下さい。

 

詳しい資料をお渡ししますので、ご自宅でご検討下さい。
またご納得頂けない場合は、保留にして頂いて結構です。

 

 

よくある質問集

手術は痛くないですか?また手術後、腫れたりしませんか?

 

手術の時は麻酔をしますので、痛みはありません。
また、麻酔自体もできるだけ痛みを感じない方法で行いますので、ご心配はいりません。

 

麻酔医による、鎮静薬を服用しますと、手術中は眠くなり、あっという間に手術が終わったという感じで非常に楽です。

 

インプラント1本を埋入する時の身体の負担は、歯を1本抜くのと同じくらいで、あまり大きな負担ではありません。

 

手術によっては、患部に腫れが出る場合がありますが、腫れること自体は、傷に対する反応性の炎症としての腫れですので、ご心配いりません。

 

埋入本数が多い場合や、骨を増やす手術を行う場合は腫れることもあります。

 

また、腫れは長引いても1週間で引きます。

 

治療費用はどれくらいかかりますか?

 

インプラントは自費診療です。保険はききません。

 

必要とするインプラントの本数や、かぶせ物の種類、また、患者様の骨の具合によってかかる費用はかわってきます。

 

クリニックでは患者様のご希望をお聞きして、患者様にあった最適な治療法をご提案いたします。

 

当院では、インプラントにかぶせ物を加えた費用が1本につき21万8000円〜です。
インプラントの詳しい費用についてはお気軽にお尋ね下さい。

 

インプラントは自費診療です。保険はききません。

 

必要とするインプラントの本数や、かぶせ物の種類、
また、患者様の骨の具合によってかかる費用はかわってきます。

 

クリニックでは患者様のご希望をお聞きして、患者様にあった最適な治療法をご提案いたします。

 

当院では、インプラントにかぶせ物を加えた費用が1本につき21万8000円〜です。
インプラントの詳しい費用についてはお気軽にお尋ね下さい。

 

誰でも、インプラント治療は受けられますか?

 

基本的には誰でもインプラント治療は受けられます。
しかし、インプラントが適さない患者様も少数ですがいらっしゃいます。

 

年齢としては、顎の骨の成長が止まる20歳前後から、全身の問題がなければ70代でも可能です。実際に行っております。

 

ただし、全身の健康状態が著しく悪い方、具体的には、重度の糖尿病、心臓病、重度の骨粗しょう症、リウマチ、顎の骨がかなり少ない方、脳梗塞の既往のある患者様などです。

 

患者様の内科医との提携でインプラント治療が可能なこともありますので、お気軽にお尋ね下さい。

 

手術時間はどのくらいかかるのですか?

 

手術するインプラントの本数が1〜2本であれば、手術時間は正味30分〜60分くらいです。

 

本数が多い場合、骨を増やすなどの手術の場合は、プラス30分くらいかかる場合もあります。

 

手術前後の時間を加えても、通常、2時間程度です。

 

クリニックは極力外科的な負担の少ない手術法を選択しておりますので、手術時間は比較的短くなっております。

 

インプラントはどのくらい持ちますか?

 

インプラントの10年後の生存率は、95%程度です。

 

インプラントがだめになる一番の原因は歯周病です。
歯周病にならないために、定期健診は重要です。

 

クリニックでは定期健診の時に歯周病予防に効果のあるお口のクリーニングを行っております。

 

青木歯科医院へのアクセス

青木歯科医院へのアクセス

 

 

 

インプラント治療の豆知識

 

歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

 

高い費用も、一括払いには限りません。

 

多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

 

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。

 

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

 

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

 

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。

 

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

 

自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

 

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

 

どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

 

しかし、それは正しくありません。

 

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

 

金属があれば、そこは乱れて映ります。

 

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

 

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

 

他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

 

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

 

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

 

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。

 

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

 

自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

 

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

 

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

 

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

 

もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

 

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

 

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

 

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

 

重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

 

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。

 

自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

 

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

 

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

 

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

 

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。

 

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

 

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

 

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

 

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

 

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

 

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

 

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

 

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

 

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

 

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

 

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。

 

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

 

インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

 

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

 

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

 

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

 

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。

 

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

 

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

 

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

 

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

 

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

 

ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

 

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。

 

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

 

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

 

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

 

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

 

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

 

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

 

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

 

という流れは皆さん変わりません。

 

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

 

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

 

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

 

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

 

なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。

 

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

 

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

 

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

 

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

 

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

 

もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

 

公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

 


 

インプラント治療 しろもとデンタルクリニック

 

東京 品川区でインプラント治療は山手歯科クリニックがおススメです

 

インプラント治療は新横浜プリンスペペ歯科クリニック

 

東京都江東区インプラント治療は青木歯科医院がおススメです

 

インプラント治療はハートフル総合歯科がおススメです

 

インプラント治療は静岡駅前歯科クリニックがおススメです

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

ホーム RSS購読